ピアノ講師の求人探しを行う際に気をつけたいこと

音大を卒業しても、就職先で困っているという方は実はとても多いのです。就職試験も通りづらい音大卒の方も悩んでいませんか。音楽で食べていくというのは実はとても大変な事なのです。それでも、ピアノが弾けるという技術を生かして、それを職業としていくことは理想かも知れません。そういった中で、職探しをされている方は、ピアノ講師の求人も、探しやすい時代になっていますし、ネットを使っていくととても快適です。条件なども詳しく掲載されていたり、とても分かりやすいと好評です。しかし、気を付けたいことなどもありますので、ぜひ参考にしてみてください。面接に行く前に、まずはその教室が安心できるところかというのも知っておく必要がありますし、ネットだけに不安もあるかも知れません。

今はネットでする求人探しは主流

ピアノ講師の求人をお探しの方で、どのようにして探したらよいのか迷っている方もいるかと思います。手っ取り早い方法としては、たとえばお住まいのところの楽器屋さんを経由して、同じ系列店でも募集をしていないかどうか探してもらうという方法もあります。連携しているところですと、違う駅にある楽器店の講師募集の状況なども把握している可能性もあります。しかし、そういった情報ですと、漏れが合ったりする場合もありますし、できれば更新状況が早いネットを使う方が理想的です。募集している企業というのは、ネットを使って掲載しているところがとても多いのです。逆に、アナログすぎるところで、店舗の前に掲示しているだけというところですと、そこで働くことになった 時にもアナログなところで痛い目に合うこともあるかもしれません。

ピアノ以外にも仕事がある場合もあります

ピアノ講師をしたいのに、楽器店の中には、さまざまな仕事が入ってくることもあります。たとえば、勧誘、そして音楽関係の商品の販売、またパソコンを使った作業が加わることもあるかもしれません。そういったことは、事前にきちんと調べておくことが大事です。音大卒の方の多くは、純粋にピアノだけを弾いてきたという方もいるので、それ以外のことはあまりしたくないということもあるかもしれません。キチンと確認をしてから面接に行くようにしましょう。もちろん、今の時代に限らず、ピアノを教えるということだけでご飯を食べていくというのは難しい部分もあるかもしれません。しかし、今生徒数を確保するのはトテモ難しいと言われている時代だけあり、楽器店などを通してピアノ講師になるという方法がメジャーかもしれません。