ピアノ講師の求人広告を探す方法

小さい頃からピアノを練習してきて、ピアノを弾くことが大好きだという方、音楽大学でピアノ科に進まれた方の中には、ピアノ講師として仕事をしていきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。好きなことを仕事にできるのは幸せですし、ピアノを弾くことの楽しさを生徒さんに伝えられるピアノ講師の仕事は素敵な仕事です。ピアノを教える仕事をするのに、資格は必ず必要というものではありません。しかし、生徒さんはこれから初めてピアノを習うという幼児や小学生、将来音楽大学や演奏家を目指していきたいと考える人、趣味で楽しく弾いていきたいと考える大人まで、幅広い年代と目的を持って習いに来ます。そのため、生徒さんそれぞれの目的に沿った指導ができる方が、講師として仕事をしていく幅が広がります。

ピアノ講師の求人のおすすめの探し方

世の中に求人サイトはたくさんありますが、その中でピアノの先生の求人は一般の仕事に比べて多いとは言えません。しかし、新学期が始まるタイミングなどは音楽教室やカルチャー教室で新規の生徒を募集する時期になりますので、その時期の少し前に講師を採用したいという考えの音楽教室やカルチャー教室も多いです。また、女性が多く働く仕事ですので、ライフスタイルの変化、たとえば結婚や出産などによって講師をやめる人も時期を問わずいますので、その補充で次の講師を雇いたいという場合もあります。そのため、まずは複数の求人サイトなどに登録をして、募集の情報が出た時に見落とさないようにしていくことが大事です。その中で、勤務地や勤務時間など、実質的に勤められるかどうかを考慮していきます。

ピアノ講師を捜す時にチェックしたいこと

ピアノを教える対象となるのは、幼児から大人までと幅広いです。ただし、所属する音楽教室が、どういう生徒をターゲットにしているかによって、生徒の年代などは変わってきます。音楽教室によっては、研修制度を設けているところがあり、教師として教える経験がまだあまりない人にはしっかり教え方の指導をしてくれるところもあります。また、大手の音楽教室の場合は、複数の支部を置いている場合があるため、勤務地がどこになるのかも考慮しなければなりません。あまりにも通うのに遠いところでは、長続きさせるのが難しいため、通える距離のところにあるかどうかも考えます。また、単にピアノの技術を指導するだけでなく、発表会やお楽しみ会、クリスマス会など、教室運営の一端を担うこともありますので、仕事内容についても検討していきましょう。