より良いピアノ講師の求人探しを行うためのポイント

ピアノを弾く楽しみを他の人に伝えられるのが、ピアノ講師の仕事の魅力です。小さい頃から学んできたピアノの技術を生かして仕事ができますので、やり甲斐もあります。人に教えることで、自分の技術もさらに磨くことができます。コミュニケーション能力も鍛えられるメリットがあります。習い事が多様化している現代においても、ピアノを習いたいという人や子供に習わせたいと考える人は多いです。ピアノは個人で自宅などでも教えることができますが、教室運営や生徒集めなども自分で行わなくてはならず、最初から生徒をたくさん集めていくのは簡単ではありません。まずは、大手の音楽教室や町の音楽教室などに所属して、そこで教えるスキルや教室を運営するスキルを学んでいくのがおすすめです。

ピアノ講師の求人を探すおすすめの方法

大手の楽器店が運営する音楽教室や町の音楽教室などでは、随時生徒を募集しています。しかし、それらの音楽教室が大々的に新規の生徒を募集している時期があります。それが春や秋の新学期です。春は新生活がスタートする時期ですので、心機一転新しいことを始めたいと考える人が多く、秋は新しい生活が始まって一段落して、新しいことを始めるきかっけになる時期です。この時期に合わせて教室のスケジュールを拡大したり、生徒を増やすことにより連動して先生も増やしたいと考える音楽教室が多くなります。そのため、ピアノ講師を目指すのであれば、この時期の求人は特に注意をしてチェックする必要があります。また、出産や引越など、生活環境の変化により講師に移動がある場合、補充の意味で求人募集をかけることがありますので、注意深く探していきましょう。

ピアノ講師の求人探しでチェックすべきこと

人材募集の要項を見ると、正社員というよりも時給設定がされているパートタイマーで募集をされていることが多いです。音楽教室のピアノレッスンの時間設定は1コマが30分から40分という場合が多く、給料の支払い体系もコマ数によるのか、時間給で計算されているのかによって、受け取る金額が異なってきます。基準となる賃金の単位をチェックしましょう。また、音楽教室の場合は、個人レッスンとグループレッスンを行う場合が多いですが、どんな形式のレッスンを行うのか、生徒さんはどんな年齢層や目的の人が多いのか、などもチェックしましょう。ピアノだけを教えるのではなく、リトミックやソルフェージュなどを教える場合もあります。また、発表会やイベントのスタッフとしての仕事を行う場合もあります。